腕時計は、定期的な点検が必要ですか?

安全に長い間ご使用いただくためには、2~3年に一度 点検(有償)を行なってください。

光発電式、自動巻き発電式、電波修正式、機械式、等どのような時計でも定期的な点検が必要です。 機械内部の稼動部分に磨耗や汚れ、油切れが発生しますと、正常に稼動しなくなる場合がありますので、定期的な点検(有償)をお勧めします。 又、時計の防水性能は、経時的に劣化しますので、防水性能を維持するためにもパッキン類の交換が必要です。

又、時計の防水性能は、経時的に劣化しますので、防水性能を維持するためにもパッキン類の交換が必要です。

(注):本内容は、日本時計協会会員及びその製品に適用されている事項です。