概要

沿革

日本時計産業において、昭和23年(1948年)4月15日、任意団体としての日本時計協会が設立されました。
昭和57年(1982年)11月20日、通商産業大臣認可を受け、社団法人 日本時計協会が設立されました。
平成23年(2011年)4月1日、内閣府より一般社団法人 日本時計協会として移行認可されました。

名称

一般社団法人 日本時計協会
JAPAN CLOCK & WATCH ASSOCIATION (JCWA)

所在地

〒102-0073 東京都千代田区九段北一丁目12番11号 九段スカイビル4階
電話: (03)5276-3411(代)
FAX: (03)5276-3414

会員

正会員10社、賛助会員2社

目的

時計の生産、貿易、流通及び消費の増進並びに時計産業に関する国際交流の促進を通じて、我が国時計産業の総合的な発展を図り、世界経済の発展に寄与することを目的としています。

事業内容

  1. 生産、貿易、流通及び消費に関する調査及び研究
  2. 内外の情報資料の収集及び提供
  3. 流通の改善についての施策の立案及び推進
  4. 技術の向上についての施策の立案及び推進
  5. 国際技術協力その他の国際交流の立案及び推進
  6. 内外の関連機関及び関連団体との連携

当協会の目的を達成するため、理事会の下にいくつかの委員会が組織され運営されています。

事務局

  • 専務理事(兼事務局長)
  • 事業部
  • 技術部
  • 総務部